結局、『ファイアーエムブレム 覚醒』を買うことにした

 以前、何のゲームを買うか迷っていた記事を書いたが、結局、
シリーズを初代から一貫して買っている、『ファイアーエムブレム 覚醒』を買う事にした。
3DSも新色コバルトブルー(この色カッケー)買ったし、全ての準備は揃ったが非常に憂鬱。

 ・以前の何を買うか迷っている記事

 だって、この『ファイアーエムブレム 覚醒』って、完全にキャラゲー&声優ゲーという、
ミーハー御用達のゲームに成り下がっているし、俺が常々批判しているオタゲーと化してる。
テイルズシリーズとか、シャイニングシリーズを笑えない状態となっている。

 オタク御用達の2ちゃんまとめ系のブログでも、このゲームのアフィリエイトが張ってある。
ここまで落ちたか・・・、このファイアーエムブレムシリーズも。

 まあ、キャラゲー&声優ゲーというのは初プレイだが、遊んでから批判してやるよ。
どうせ、こっち方面にばかり金や労力等、リソースを費やして、肝心のゲーム性とか、
ストーリーがおざなりになり、上っ面だけのサクふわゲーに成り下がってるのだろう。
こっちは、シリーズ原点のコンセプト『てごわいシミュレーション』に期待しているのに・・・。

 キャラゲー&声優ゲーというのは百歩譲って看過するとして、一番気に入らないのは、
キャラ同士で恋愛とか結婚し、挙句、ガキまでこさえるという、しょうもないギャルゲー要素。
ミーハーは、この要素に狂喜乱舞して購入するんだろうけど。

 『聖戦の系譜』という昔のシリーズでも、この要素があったけど、
ミーハーはこのシリーズを支持しているが、俺的には、これが一番つまらなかった。
ガキが戦うとかどうでもいいから、初期メンバーだけでクリアさせろと言いたい。
せっかく育てたキャラが途中でロストし、そのガキどもだけでクリアとか一番萎える要素だ。

 この絆と称した恋愛要素が非常に厄介で、例えばあるキャラとキャラを隣同士に置くと、
勝手に盛り出してちゅっちゅイチャイチャして、気づけば告白して結婚とか手に負えない。
これがあるから、安易に隣同士に男女の盛ったキャラを置けない。
これって、戦略重視のシミュレーションには非常に不利で足手まといな要素。

 将棋で、歩と金の駒が勝手に盛るから、隣同士に置けなくなったら非常に致命的だろ?

 それと、『絆』(笑)という機能を使えば、キャラが強くなるという要素があるようで、
基本、キャラを密集しておけば、その恩恵を受けやすくなるようだが、これだと、
単独行動が基本のキャラや、機動力のあるキャラの特色が存分に生かしきれない。

 基本、密集というか団子状態の軍隊で、戦争みたいなドンパチやるなんて考えられない。

 仮に将棋で、歩と飛車を隣同士で行動させないと役に立たない、という設定があったら、
せっかくの飛車の機動力も全く意味がなくなり、それぞれの特色が全く生かせなくなる。
この『絆』(笑)という要素は現実世界だけでなく、どうやらゲームの世界もダメにするらしい。

 まあ、こういうちゅっちゅイチャイチャ要素が、ミーハーどもにとっては最高なんだろうけど、
こんなに文句ばかり書いていると、じゃあ買うなよとか言われそうだが、俺がおかしいのか?
そもそもシリーズの初期は、こんなゲームじゃなかったし・・・。

 ・・・というわけで、買う事にしたのはいいが、今から非常に憂鬱。
先に届いた3DSさえ、未だに封を切っていないというテンションの下がりっぷりだが、
肝心のゲーム性さえしっかりしていれば、これらのマイナス要素も我慢できそうだ。

 絆(恋愛)ON・OFF機能があれば、即効でOFFにしているんだけどな。
こういうのがやりたければ、他のゲームでやってろよ、ミーハーども・・・。

2012年04月14日 23:59

2コメント | ゲーム



トラックバックURL:
http://blog.ore-sama.jp/game/20120414235944/trackback/


 

この記事へのコメント

RSS

    俺さんこんばんは。
    聖戦の系譜は自分も以前プレイしましたが…
    愛着を持って育てた全キャラが最後あんな結末を迎えて
    また一から育てるというシナリオに愕然とした記憶が…
    キャラ独特の攻撃モーションなどは中々好みだったんですが、二度
    、三度とやりこみたいと思えなかったですね(^^;)
    個人的にボイスもいらないかなと。キャラの口の動きに合わせて鳴る
    機械音?ポポポ♪のあの音が好きだったのでw

    ふるふる 2012年04月21日 03:07

     

     ふるふるさん、おはようございます。

     私も同感で、やりこみする気も起きず1回しかクリアしませんでした。
    あれが好きな方は、何回もクリアしたり(回数を重ねるとエンディングが変わる)
    カップリングにはまっていたようですが、私にとってはどうでもいい要素でした。

     ボイスは、少なくても新作の覚醒に限っては、全く不用な要素でした。
    セリフ全部しゃべるのではなく、その会話の象徴的なセリフを冒頭一言しゃべるだけでした。
    (例えば怒っている会話などであれば、『もう!』の一言のみ)

     私も機会音とか、無機質の音の方がストーリーに集中できてよかったです。
    ポポポ♪って、文字にすると、なんだかかわいらしいですね。(笑)

    俺 2012年06月09日 08:07

     


 

コメントを書く