ニンテンドーDSでタッチペンを使ったことがない

 そういえばWiiも、あの画期的なリモコンでゲームを遊ぶことはほとんどなく、
普段はクラシックコントローラーを接続し、(昔のスーファミ用のコントローラーみたいなやつ)
ハードの特徴的な性能をフルに活用して遊ぶことは、ほとんどないな。

 ニンテンドーDSの最大の特徴である、
タッチペンを使ってゲームを遊んだことも、ただの一度もない。
っていうか、タッチペンが今、部屋のどこにあるのかも見当がつかない。

 そもそもさ、タッチペンって操作し易いか?

 確かに、カルタみたいなゲームで、(こんなゲーム、そもそもあるか知らないが・・・)
画面上に無数の札が並び、その中から瞬時に札を選ぶ・・・みたいなゲームであれば、
タッチペンで目的の札をチョイスした方が早いから、従来の十字キーを使い、
カーソル移動でチマチマとやるよりかは、スムーズで便利だろう。

 ようは、反射神経を要求されるような、アクション系のゲームには、
ゲームによっては、十字キー操作よりも、タッチペンの方が有効の場合もある。
だが、RPGやアドベンチャーゲームのような静的ゲームには、あまり意味がないと思う。
いや、むしろ手が疲れると思う。

 タッチペンで遊ぶ人って、普段はゲーム機を机か何かに置いて遊ぶのかな?
そうでないのであれば、タッチペンで遊ぶ場合は、タッチペンを右手に持つとして、
左手だけでゲーム機を持つ事になると思うが、左手に相当な負担がかかると思うんだよね。
タッチペンは軽いとしても握るわけだから、右手にもそれなりに負担はかかると思う。

 置いて遊べば楽そうだが、それだと遊ぶ場所や姿勢が限られてくる。
俺みたいに座椅子に座りながら遊ぶ場合は、やはり両手で持ったほうが安定するし楽だ。

 タッチペン操作なしであれば、右手と左手でゲームを持って操作するから、
負担を両手に分散できるし、一番タフな親指だけ動かすだけで全ての操作が完結する。
ファミコン時代からの操作法だが、やはりこれが一番シンプルで完成された操作法だと思う。

 どちらも一長一短あると思うが、少なくても静的ゲームに関してタッチペンは必要なくね?
少なくても俺様は、ほぼRPGかSRPGでしか遊ばないから、ボタン操作だけで十分だな。

 ドラクエみたいなゲームで、攻撃する敵を選ぶ時も、タッチペンの方が便利っぽいけど、
やっぱボタン操作の方が、長時間遊ぶ場合は指が疲れないような気がする。
っていうか、タッチペンは操作ミスを誘発すると思う。

 押してから、『あ、間違えた!』ということが多そう。
ボタン操作の方が、最終決定するまで少し間があるから、(ほんのコンマ何秒の世界だが)
冷静にゲームで遊べる気がするし、ゲームを焦って遊んでも楽しくないしな。
それでもタッチペンに慣れた人は、やっぱタッチペン操作の方が便利で快適なのだろうか?

 まあ、必要性を感じない限り、俺様はボタン操作だけで遊び続けるよ。

 DSもWiiも、せっかくの画期的な操作方法だけど、全く活かそうと思わない俺様。
それに対応した画期的なゲームにも一切、食指が伸びないし興味もわかない。

 テレビゲームって、ファミコン・スーファミ時代でほぼ完成されてしまってるんだよね。
今の最新ゲームも結局これらゲームの焼き直しで、グラフィックが綺麗になっただけとか、
キャラをすげ替えただけとか、オリジナルではなくコピーでしかない。
従って操作方法も、それらの時代に確立されていた操作方法が最も効率的なはずなのだ。

 まあ、それらの常識を打破できる人材がいれば、テレビゲームにも革命が起こると思うが、
生憎、今のゲーム業界は、ゲームしか脳がないゲームオタクばかりが開発しているから、
革命など起こるはずもなく、オリジナルを超える気配さえない。

 誰か俺様が唸るような、画期的な操作方法で遊べるゲームとか提案してみろ。

2012年02月09日 23:59

2コメント | ゲーム



トラックバックURL:
http://blog.ore-sama.jp/game/20120209235954/trackback/


 

この記事へのコメント

RSS

    タッチペン。当初は、新鮮な感覚で楽しめていたんですが……。
    今では、両手で安定して持って遊ぶのがいいな、という結論に至っています。
    片手でゲーム機、もう片手でペンは疲れますよ。

    PSVITAなんかも、画面タッチを要求するゲームは、面倒な気持ちが先に生じます。
    本体やボタンから手を離し、タッチしてまた……という作業が面倒なんですよね。
    本体がそこそこ重いですからねぇ。片手に負担がかかります。
    映像を見たりする場合には、画面タッチで設定を呼び出せて便利なんですが。

    ただ、モーションセンサー(本体の傾きを感知して、ゲームに反映する)
    と背面タッチは、悪くないなと思ってます。
    どちらも、ゲーム機を両手で握ったまま、利用できますから。
    ゲーム製作者の感性次第なんでしょうねぇ。
    こういった機能で、プレイヤーを驚かせ、楽しませてくれるのは。

    itumi 2012年02月18日 18:51

     

     itumiさん、おはようございます。

     やはりペン操作はうっとうしくなりますよね。
    私も両手で持つ事に慣れてしまっているので、やはり両手持ちが一番落ち着きます。

     なるほど・・・、PSVITAには、そのようなインタフェースがあるのですね。
    手を本体から離さずに色々操作できるなら、それは良い試みだと思います。

     その内、声で操作とか、まばたき(目の動き)で操作できれば、
    手も動かさずに済み、ものぐさな私は寝ながらゲームを遊べて、一日中、
    布団から外に出ないで暇を潰せそうで、そのようなハードの到来を期待しています。(笑)

    俺 2012年02月19日 10:42

     


 

コメントを書く