2012・新日本プロレス『G1 CLIMAX 22』予想

 今年のG1というか、プロレスそのものに興味がなくなったのと、
今はオリンピックとドラクエで頭が一杯で、正直、それどころではないのだが、
ブログ読者様から、こんな私にG1の予想を希望されたので、頑張って予想してみました。

 はっきりいって今年のG1は、丸藤参戦くらいしか目玉はないのだが、
G1の近年のルール変更で、A・B両リーグの1位のみでの決勝であり、
去年の例からも、外敵が必ずしも決勝に進める環境ではなくなったので、
おそらく今年も、外敵である丸藤君は、決勝に残らず終わると予想。(勝ち点はトップ)

 外人も同様だと思うが、唯一、鈴木だけは長年の貢献度を考慮され、
優勝まではいなかくても、決勝進出くらいはさせてもらえそうだと予想している。

 Aリーグはアンダーソンかなとも思ったが、丸藤には負けるのが規定路線、
最終日に勝ち点トップになっても、丸藤との直接対決の結果が響いてダメだろう。
(丸藤は勝ち点トップだけど、直接対決の関係で脱落という筋書き)

 その丸藤君に勝ち、かつ勝ち点トップは誰?ということになるが、
棚橋はおそらく最終戦で、そのアンダーソンに負けて脱落という筋書き。
ちなみに棚橋君は、丸藤にも負けているな・・・。

 ま、Aリーグは鈴木だろうな。
棚橋と丸藤と勝ち点トップに並ぶが、直接対決で両者に鈴木が勝っているので決勝進出。

 最終戦で、棚橋はアンダーソンに負け、丸藤は矢野に勝ち、盛り上がったところで、
最後に鈴木が因縁の相手、永田に勝利して決勝進出。
この記事を書いている時点(8月9日)では、残りが3試合しかないから、予想が比較的楽。

 おそらくAリーグは、99%の確率で、この筋書きだろう。

 Bはもう、真壁しかいないね。(笑)
だって、開幕3連敗しているでしょ?
G1でこのパターンは、もう優勝フラグが付いたようなものだし。
(俗に言う、天山パターン)

 最終戦の展開だけ予想を書くと、中邑vs天山は、天山の勝利。
最近、この対決だと中邑ばっかり勝っているから、今回は天山の勝ちパターン。
天山は相性の悪い、後藤からの負け星回収もしているから、これは間違いない。

 後藤vs内藤は、後藤の勝利で内藤が足を引っ張られるという展開。
で、盛り上がったところで、真壁vsオカダの勝者が決勝進出・・・という流れで、
真壁が勝利し、どん底から這い上がって来るベタなストーリー展開で決勝進出。

 決勝は鈴木vs真壁ということで、因縁のある2人で盛り上がる。
どっちが勝っても面白いとは思うが、その後のチャンピオン棚橋との勝負を考えると、
鈴木は正月にやっているから面白くないという事で、真壁が勝利するだろう。

 真壁は棚橋に負けてばっかりのイメージがあるが、
もしかしたらその後のベルトをかけた勝負で真壁が勝つ可能性も強いと思う。
いい加減、棚橋ばかりチャンピオンというのも、飽きてきているからな。

 後藤、内藤、オカダとの絡みは、真壁がチャンピオンでやった方が新鮮だしな。
真壁ももう歳だし、この辺で最後に活躍させてやろうという思惑もフロントにはあるだろう。

 G1の予想は、最終戦の組み合わせを見れば、大体予想できるのが常だ。
最終戦まで結果が分からないようにしなければ、チケットは売れないし、
どういう結果になれば最終戦が盛り上がるかを考えれば、勝者はおのずと見えてくる。

 実力とか関係ないんだよな、プロレスは。(笑)

2012年08月06日 23:59

1コメント | プロレス



トラックバックURL:
http://blog.ore-sama.jp/wrestling/20120806235932/trackback/


 

この記事へのコメント

RSS

    ありがとうございました。両国へ行ってきます!

    ショウ 2012年08月12日 13:58

     


 

コメントを書く