【ヴァンガード】さっそく本業のダシに使われている新日レスラー

 ヴァンガードのCM見たら、大爆笑した。

 しょっぱいDAIGOの後ろに控えているのは誰かと思ったら、新日の中邑と真壁だった。
まともなセリフがあるのかと思ったら、DAIGOの後ろでポージングしているだけで、
完全にDAIGOの引き立て役で、元IWGPチャンピオン2人がコレではプロレスも終わったな。

 以前、新日がヴァンガード発売元のブシロードに買収された話を書いたが、
さっそく本業の宣伝にレスラーが借り出され、しょぼい引き立て役で利用されている。
まあ、買収されるほうが悪いんだけど、それにしてもあからさま過ぎて逆に笑える。

 ブシロードの社長も、プロレスが好きだとか、復興させるとか、
色々ときれい事をほざいていたけど、まずは本業ありきというのが本音だろうな。
買収してから初っ端が、このCMということで、彼らの買収目的も明確になった。

 で、肝心のプロレスの方はどうするのかというと、イマイチ動きは見えてこない。
どうも、一昔前のプレレスを目指しているようで、日本人vs外人の図式にしたいらしいが、
大物外人を獲得したとか、そういう話は聞こえて来ず、従来の外人レスラーしか使ってない。

 どうもあまり金をかけたくないらしく、手元に転がっていたザコレスラー、
カール・アンダーソンを『強くなった』という設定にして、
中邑に勝たせるなど手軽にパワーアップさせていたが、見ていて非常にシラける。

 こんなザコ外人を強くしたって退屈なんだよ。

 俺の予想だと結局、口では色々と理想を垂れるものも何もせず、
本業のダシに散々利用した挙句、ポイ捨てするのが目に見えている。
多少赤字でも、本業の宣伝効果になればそれでよいと考えているのだろう。
ブシロードに限らず過去の新日オーナーは、皆こうして使い捨ててきた。(アゴも含む)

 外様の新入り、オカダをチャンピオンにするのはいいとして、相変わらず展開が退屈で、
IWGPヘビーしかまともに機能しておらず、IWGPタッグはイロモノレスラー達で回し、
ジュニアは似たようなメンツでローテーションし、ベルトの存在価値が全く感じられない。

 ジュニアはポッと出がいつの間にかベルトを取っていて、ストーリー性が感じられない。
懐かしいなぁ、ライガー・サムライ・カシンvs金本・大谷・高岩でしのぎを削っていた頃が・・・。
あの頃のジュニアが一番面白かったし、レベルが高かった。

 プロレスもオタクビジネスに利用され、使い捨てられる時代になったか。
プロレスに限らず、アイドルも音楽もゲームも漫画も、
エンターテイメントはオタク属性に席巻される時代になったが、
少し前は住み分けができていたのに、一般にオタクが侵食してきて一様におかしくなった。

 まともにプロレスも楽しめない、世知辛い世の中になったものだ。

2012年05月13日 23:59

1コメント | プロレス



トラックバックURL:
http://blog.ore-sama.jp/wrestling/20120513235904/trackback/


 

この記事へのコメント

RSS

    こんにちは。
    ハイフライフローや東京ドーム大会などの件でコメントを寄せていた者です。

    カール・アンダーソンが中邑に勝った件は、自分は現場で試合を見ていたのですが、
    自分ら日本人が必至でアンダーソンを応援していました。
    ガンスタン決まった瞬間、立ち上がりましたよ。
    WWEにバーナードは行ってしまいましたが、
    アンダーソンは残ってくれたからです。
    今年のG1は外国人初、カールアンダーソンが優勝すると思います。
    両国では「新日本プロレスリングイチバーン!」と叫びたいです。
    俺様さんは、シラけて退屈なんでしょうが、私は楽しいですね。
    ごめんなさい、オタクなのかもしれません。

    ヴァンガードの社長は、日本人対外国人の図式にしたいと云うよりは、
    おっしゃられるように、まぁ宣伝でしょうねぇ・・・。

    IWGPはストーリー性云々を構築させるには、
    人がいなさ過ぎだと思います。
    所属のレスラーが少ないですから、同じ顔ばかりになるのでしょうねぇ。

    ただ、デカい大会ばかりじゃなくて2月頃のように、
    地方での中規模大会に、それぞれのタイトルマッチを、
    メインイベントに持ってくるってやり方を一般化して欲しいですね。
    メインイベントが棚橋ばかりで飽きてましたから。

    まともにプロレスも楽しめないですか・・・。
    でもライガーさんは頑張ってますよ。お腹、出てますけど。

    ショウ 2012年07月15日 01:25

     


 

コメントを書く