【ファッション用語】ズボンはズボンであり、パンツではない

 そういえばどっかのページで、ズボンを『ズボン』と呼ぶのはおっさんの証拠。
若い人はズボンを『パンツ』と呼ぶ、みたいな記事を見たことあるが、
ズボンはズボンであり、パンツとか呼ぶのは論理的に考えてもおかしいだろ?

 だって『パンツ』はどう考えても、下着の事を指すだろ?
下着の種類は、ブリーフとかトランクスとか、ふんどしとか色々と種類があるが、
それらを総じて『パンツ』と呼び、これをズボンとごっちゃにしていたら、ややこしくなる。

 ズボンと呼ぶのはおっさんとか、歳は関係なく、明らかに合理性がない。
それとも何か、若い奴らは下着の『パンツ』にも、別の呼び名があるとでも言うのか?
使う場面によって、どっちの意味合いか分かるだろ?とか言う奴は頭が悪い。

 何故わざわざ『ズボン』という呼び名があるのに、
そんなややこしい事に頭を使わなければならないのか?

 それこそ欧米に毒されているというか、
何でもかんでも外国に影響され易い日本人の代表例のようだ。
確かに外国では、ズボンの事を『パンツ』と呼ぶかもしれないが、既に日本では、
ズボンと下着のパンツで呼び名の住み分けができていたのだから、変える必要性はない。

 そもそも、服の通販サイトとかのぞくと、意味不明なファッション用語が羅列しているよな。
一昔前までにはなかったような専門用語もあるが、わざわざ分かり難い言葉で説明して、
その雰囲気に騙されて、カッコいい、オシャレとか勘違いするパーも多いのだろう。

 ズボンの事を『ボトムス(ボトム)』と呼ぶサイトが多いが、まあ『パンツ』よりかはマシだな。
インナーとかアウターとか、聞いていると殴りたくなってくるレベル。
どうも、ファッション用語ってスカしているというか、イラッとくる単語が多い。

 ファッションの種類も、『お兄系』とか『キレカジ』とか、全く意味不明なレベル。
何だよ、『お兄系』って。(笑)
現実で『今日の俺の服は、お兄系だから』とか言っていたら、間違いなく寒がられるレベル。

 え?こんな事言っているから、『おっさん』にカテゴライズされるんだって?
まあ確かに、寒い用語を使うのが『若者』なら、『おっさん』側にいた方がマシだな。
というわけで、ズボンはズボンなので、勝手にパンツと混同して流行らそうとしないように。

 下着のパンツさんたちに、非常に失礼な行為だよ。

2012年07月21日 23:59

コメントなし | 俺様の独り言



トラックバックURL:
http://blog.ore-sama.jp/talk/20120721235947/trackback/


 

コメントを書く