サッカー日本代表・アジア最終予選、オーストラリア戦

 やっぱ期待を裏切らず、男子のサッカー日本代表はしょっぱかったな。(笑)
ザコオマーンとヨルダンに大勝していたから、代表もファンも調子に乗っているとは思ったが、
案の定、少し強いチームと対戦するとたいしたことはなく、相変わらずしょっぱかった。

 それでも、香川と本田は別格、とか騒いでいる代表ファンどもも寒いし、審判がどうとか、
何を今更の話題で盛り上がっている、日本のサッカー界そのものが薄ら寒い。

 内田はファールじゃないとか擁護している奴も多いが、客観的に見ると、
めちゃくちゃ相手のこと抱きかかえるように拘束していたし、へぇ、そうですか、
サッカーではあれくらいは普通で、全然、反則ではないのですか。

 ルールでは、ユニフォーム引っ張ったり、掴んだりするのは禁止になっているのにな。
サッカーでは、そういったルールも暗黙の了解でスルーされるのが通例になっているし、
ルールをフワッとした解釈が横行しているのだが、そもそもその曖昧なルール自体が欠陥。

 アウェーの洗礼、とかいうカッコいい言葉でごまかしてるが、そもそも会場の雰囲気で、
審判の気分が左右され、ファール取ったり取らなかったりするのがおかしい。

 まあ日本も、あれだけの大勝はホームだからこその恩恵なんだか、文句言うなや。
恨むなら、サッカーのルール制度の欠陥を恨め。
欠陥スポーツに一喜一憂して、ご苦労さんなこった。(笑)

 それにしても、審判を無条件で貶していい風潮は、いい加減止めろよな。
相手チームも一生懸命に戦っているのだから、八つ当たりはできない、
だから何の後ろ盾もない審判に怒りの矛先が向ける・・・、何とも安直な感情コントロールだ。

 サッカーに限らずスポーツでの審判は、最も敬うべき対象だと思うんだけどな。
お前らの玉遊びを、安い給料で批判されながらもジャッジしてやってるんだから。
選手ならともかく、外野がとやかく言う権利はない。

 批判していい順序は基本、
シナ・チョンのチーム(無条件) > 自国代表 > 相手代表 > 審判(崇拝すべき存在)
だと俺は思うけど、節操のない日本のサッカーファンは、
シナ・チョンのチーム(無条件) > 審判 > 相手代表 > 自国代表、だよな。

 身内に甘い奴は信用できないし、身内だからこそ厳しく当たりなさい。

 それにしても・・・最近のサッカー日本代表は、シュートが枠内に飛ばない、
ホームランばかりだという批判を避ける為か、斬新な発想で作戦を切り替えてきた。
『シュート打って批判されるなら、いっそのこと打たなければいいんじゃね?』という発想。

 とあるサッカーの記事でも言及していたが、何の意味があるのか、
ペナルティエリアを三方で囲って、ボール回しするシーンが非常に目に付いた。
シュート打つわけでもない、ドリブルで切り込むでもない、無意味にパス回しているだけ。

 どいつもこいつもカッコつけてボール回しして、まるで、
『シュート打たずパスできる俺、カッコいい』、
『俺が点を取るんだとか、がっつかず、冷静にパス回しできる俺、カッコいい』、
『あえてパスを回す事により周りが見えている冷静な俺アピール、俺カッコいい』、
という声が聞こえてくるようで、安易にシュートに行かない方がカッコいい、という、
中二的発想での判断が目立ち、非常に見ていてシラけた。

 実際には、相手にペナルティエリア内を固められたら、
どうにもならないという弱点を見抜かれていることの証明だった。
チビ日本代表では、エリア内にボールをほうっても相手に競り勝てないし、
足元の技術だって3流以下だから、すぐにボールを奪われて終わるのがオチ。

 それだったから、少々無理でもロングシュートを打ってこぼれ玉を狙うか、
ドリブルで切り込んで崩す作戦の方がマシなのだが、そんな度胸もないから、
エリア外で途方にくれて、カッコつけてパス回しに終始するしかない。

 まるでドッジボールの試合を見ているかのような感じだったよ。
ペナルティエリアが内野だとして、外野でボールを回して内野の隙をうかがっている感じ。
相手は中を固めて密集状態だから、そもそも隙なんてできるわけもないのにな。

 これで、ガタイのいい奴、技術のある選手がいるチームが相手だったら、
オーストラリアも、中を固めても危険だから、外までボールを取りに来ていただろう。
チビ、ヘタクソ揃いの日本相手なら、その冒険をする必要もない。(笑)

 まあ、そんなオーストラリアも、世界基準で見れば4流くらいのチームだからな。
いくらオマーンやヨルダンごときに大勝して、調子に乗ったところで、
ワールドカップ本戦では、日本はザコ中のザコで、相手の勝ち点3の肥やしにしかならない。

 今の日本代表は、歴代最強とか盛り上がっちゃっているファンや解説者もいるが、
蓋を開けてみると、結局予選リーグ敗退か、いつものベスト16止まりがいいところだろう。
あんま夢を見ないほうがいいと思うよ、本番でのショックが大きいから。(笑)

2012年06月13日 23:59

コメントなし | スポーツ・格闘技



トラックバックURL:
http://blog.ore-sama.jp/sports/20120613235950/trackback/


 

コメントを書く