【長島☆自演乙☆雄一郎】K-1の解説で爆笑

 そういえば、いつだかのK-1の試合を見ていて、大爆笑したな。
『長島☆自演乙☆雄一郎』という、オタクを公言している選手がいて、
そいつの試合の解説を聞いていて、あまりにバカバカしくて爆笑しながら見ていた。

 『自演乙』というのは、2ちゃんねるの言葉で、自作自演おつかれ様の略だが、
試合中、解説の谷川やその他が、その長島のことを『自演乙、自演乙』と連呼していた。
いや、普通に『長島』もしくは『雄一郎』でいいと思うのだが、間のどうでもいいミドルネーム、
『自演乙』を取って、大真面目に連呼しているから、あまりに滑稽で笑えた。

 で、その長島が勝利して、なんちゃらトーナメントで優勝したのだが、
実況が『正に自作自演、自らの力で勝利した!』とか、そんな解説をしていたから、
『ちっともうまくねぇよ』って思ったね。

 K-1は度々、大爆笑する場面に遭遇するね。
須藤元気のトリッキーな動きにも、良い意味で笑わせてもらったが、
なんといっても日本が誇る大エース、佐竹がKOするシーンは大爆笑だったね。
だってアイツ、弱いし。

 日本なら日本人を応援しがちだが、俺様にはそんな心は微塵もなかったな。
アーネスト・ホーストが一番好きだったし。

 その弱い佐竹が、開始数秒でKOされるシーンが、何よりのストレス発散でしたな。
弱ぇ奴が、ガタガタ騒ぐなといった感じだ。
これからも、もっと弱い日本人を量産して、外国人にボコボコにされてほしいものだ。
(ただし、シナ人とチョンは除く)

2010年05月09日 23:59

1コメント | スポーツ・格闘技



トラックバックURL:
http://blog.ore-sama.jp/sports/20100509235913/trackback/


 

この記事へのコメント

RSS

    自演乙の連呼w
    想像しただけで笑えました。

    ぴーまん 2010年05月21日 03:20

     


 

コメントを書く