トキの放鳥、自然繁殖と巣立ち

 最近、ようやくトキの自然繁殖成功と、ひなの巣立ちを確認できたようだが、
このプロジェクトに対して、金の無駄遣いだからやめろとか、自然の摂理で絶滅した種を、
わざわざ人工的に増やす意味はないとか、知ったかで偉そうに論ずるバカがいるようだが、
少なくても、そうほざく、お前らの存在価値よりか比較にならないほど有意義である。

 このノウハウは他の生物種でも生かせるわけだし、今後、絶滅しかける種もでてくるだろう。
こういう機関は常駐しておき、いざというときに迅速に動ける体制の構築が必要。
はやぶさのプロジェクトと同じで、直接の金にならなくても、日本の将来に必要な取り組みだ。

 どうせ文句ばかり言っている奴らは、日本の国益を全く考えない左翼か、
自分大好き自分の事しか考えない、全てを社会や政府のせいにしているニートの類だろう。

 そもそもトキだって、絶滅したくて絶命したわけではなく、(日本から)
やはり絶滅には人間が深く関与し、開発や自然環境の破壊が影響している。
それを金の無駄とか、トキが勝手に絶滅したのだから放っておけは暴論だろう。
きれいごとだけで助ける必要もないが、ノウハウが転用できるなら今の内にやっておくべき。

 ゆくゆくは、他の生物に転用や、国外でも役に立つことはあるだろう。
日本は金を出すだけの20世紀型外交から脱却し、絶滅危惧種の保護ノウハウの提供等、
なかなか金や技術だけではどうにもならない分野で、諸外国の助けになれば、
日本の独自性の発揮や、日本に対する感謝・尊敬の念も増えていく。

 金だけで勝負していたら、現在、アジア・アフリカを中心に、
アホみたいに、じゃんじゃん金を流している中国に勝てるわけがない。
絶滅危惧種の保護ノウハウなんて、中国じゃ絶対に真似できないから重宝される。

 日本のトキではなく、中国から取り寄せた中国産トキだから意味がない、
という主張をする奴もいるが、日本も中国も、トキからすれば同じ『地球』だよ。
くだらん国境なんて引いて、ここからここは俺たちの土地、とかやっているのは人間だけ。
あ、一応書いておくけど、『国境』と『縄張り』は全く違う意味合いがあるから上げ足取るなよ。

 多少の金をかけても、日本の本来の生態系に戻せる機会に恵まれたのであれば、
それはチャレンジしておくべきだし、できる限り生態系を維持するのが、
自然環境に対して、やりたい放題やっている人間側の責務だと思うよ。

 でないと心が腐るし、美しい国・日本が到底維持できるはずもない。
中国や朝鮮の悪口ばかり言うのではなく、自分たちがはるか高みにいないと意味がない。
同じ土俵で罵り合うのではなく、神の目線でゴミどもは貶さないと神々しさが伴わない。

 少なくてもトキの保護は、仕事はあるのに選り好みして文句ばかり言うニートや失業者、
たいして価値もないのに、最低賃金がどうとか喚いている底辺救済よりかは価値がある。
お前らも一度、見殺しにして、トキみたいに絶滅させた方がいいのかもしれないな。

 その後、復活させるかどうかは、その時の政府と国民で決めるとして、一度死んでみるか?
まあ、トキは繁殖する価値はあるけど、底辺どもの保護や繁殖の価値は全くないけどね。
政府や国に生殺与奪権を握られ、どん底で文句ばかりいう奴に今後も光は差さないだろう。

 トキ繁殖プロジェクトにケチ付ける前に、そもそもてめぇがトキ以上に努力しろって事だな。

2012年06月06日 23:59

2コメント | 現代社会



トラックバックURL:
http://blog.ore-sama.jp/society/20120606235903/trackback/


 

この記事へのコメント

RSS

    おはようございます~久々に酒を飲まずに朝を迎えました(苦笑)。

    この問題に限らず多いのは、俺さんの例示される方向からもさることながら、「なくなるとさびしい」だのと言ったある意味逆方向からも含め、必要性やその意義を論じなければいけない時に、感情というより感傷・郷愁だけで物を言う輩です。
    こういう輩は、物事を必要性やその意義において議論する能力の持ち合わせに欠けているのか、言うに事欠いて、あるいはあえて相手の機嫌を取ろうとしてか、そういう言動をするのが常です。

    瀬戸内海の航路を廃止するかどうかがテーマなのに、なぜか、なくなると決まったわけでもないのに「なくなるのはさびしい」などというコメントをわざわざ記事に書くのもこの手合いと同類で(某地方紙にそのような記事が現実にあった)、他にも、的外れなことを言って「かわいそうだ」とか、こういう言動をする手合いというのは、学歴などに関係なく一定いますね。本件の例は、まあ一種の「やけっぱちの八つ当たり」的な言動と言いましょうか。

    ちなみにトキのプロジェクトのノウハウは他の生物で応用できることはもちろんそうですが、単にこれは生物を活かし、生態系をできるだけ原状(「現状」ではありません)に近づけ戻すだけのものではなく、それをもとにして人を救うノウハウがそこから生れ出てくる可能性を秘めているわけですから、意義のなかろうはずがありません。

    やくも少年 2012年06月12日 07:50

     

     やくも少年さん、おはようございます。

     トキを救っているつもりが、自分たちが救われているということに、
    多くの人が気づき、有意義なプロジェクトとして発展していければいいと思います。

     どうも最近の日本人は荒んでいるというか、民主党や官僚がやることを、
    たいした精査する事もなく、何でも無駄、意味ないと批判する輩が増えていますが、
    マスコミやネット世論に流されず、自分の頭で一度考えることをしない人が多いです。

     自分の頭で考え、他人がどうとかではなく、良い物は良いと言える人になりたいですね。

    俺 2012年07月25日 07:16

     


 

コメントを書く