三すくみ、特定アジアじゃんけんで遊んでみよう!

 中国は北朝鮮には強いが、韓国には弱い。
 韓国は中国には強いが、北朝鮮には弱い。
 北朝鮮は韓国には強いが、中国には弱い。

 絶妙な三すくみで、東アジアというか特定アジアの均衡は守られている。

 中国は北朝鮮の宗主国なので、属国である北朝鮮は逆らえるわけがない。
中国が影でサポートしていなければ、北朝鮮はとっくの昔に滅んでいただろう。

 北朝鮮が崩壊すると、大量の難民が押し入ってくるので中国国内の治安が悪化する。
更に、平和維持という名目で北朝鮮にアメリカ軍が駐留するので、
中国としてはこれ以上、自国の射程内にアメリカ軍を増やしたくないというのが本音だろう。
その為、中国としては、せっせと将軍様のプライドを立てながら北朝鮮を保護している。

 韓国はお得意のK-POP外交で、中国国内でも着実に信者を増やしつつある。
日本と違って、自国の領土内に中国の漁船が進入してきても容赦なく拿捕している。
完全に中国より立場が上というわけではないが、一筋縄には行かない相手と思われている。

 中国としても、あまり韓国を刺激して仲を悪くしたくないという思惑がある。
仮に北朝鮮が崩壊した時、難民の受け皿は韓国にしたいだろうし、
面倒なことは全て韓国に丸投げし、宗主国としての責任を放棄したいのが本音だ。
その為、どんなにうっとうしい存在でも、日本相手のように露骨に煽るようなことはしない。

 北朝鮮は完全に武力でもって韓国を脅し、その度毎に戦利品(食糧支援)を奪取している。
日本に対してあんなに高圧的な韓国も、ミサイルと核の前では萎縮して大人しくなっている。
同じ民族だからというのは建前で、単に武器を突きつけられて萎縮しているだけ。
(同じ民族なのに、何の力もない在日に対しては驚くほど冷たいのがその証拠)

 じゃんけんで例えるなら、石ころほどの価値しかない北朝鮮はグー。
韓国はチョンだからチョキ。
中国人は頭がパーだからパー。

 君も普通のじゃんけんに飽きた時は、この特定アジアじゃんけんで遊んでみよう。
友達とやってみれば、盛り上がる事間違いなし!
ただし左翼とやると、顔を真っ赤(宗主国の旗の色と同じ)にして怒るので注意。

 ちなみに、この三すくみにアメリカを加えるなら、握った拳に親指を立てる形で『爆弾』。
親指の部分が、爆弾の導火線ということだね。
アメリカは特定アジア全てに強く、グー、パーには勝てるが、韓国(チョキ)には負ける。
さすがの爆弾も、ハサミで導火線を切られれば無力化するということだね。

 現実的にも、アメリカは安い韓国メーカーの家電にはお世話になっているし、
FTA締結で利用価値の高まった韓国に対して、頭の上がらない立場となっている。
中国と同じでアメリカも、北朝鮮崩壊の際は面倒を全て韓国に押し付けたい思惑もある。

 更に、このじゃんけんに日本を加えるなら、握ったグーに人差し指を出す形で『小枝』。
日本は特定アジア全てに弱く、小枝は石には歯が立たず折られ、ハサミには切られ、
紙には包まれて無力化され、全ての特定アジアに弱気なので、どこにも勝てない。

 ただし、アメリカ(爆弾)とは日米同盟があるので、あいこに持ち込むことが可能。
爆弾も、たかが小枝を吹っ飛ばす価値もないと認めているので、攻撃はしてこない。
しかしこの関係も、民主党を代表する左翼が崩壊させようとしているので、このままいくと、
日本(小枝)も吹っ飛ばされるような立場になってしまい、日本はどこにも勝てなくなる。

 この、ただの小枝をダイヤモンドのように強固な形にしようとしているのが、
石原さんだったり橋下さんだったり、一部のまともな自民党議員(石破さん等)だったりする。
じゃんけんであれば、両手を握って合体させる形で出してみよう。

 ダイヤモンドは、北朝鮮(グー)、韓国(チョキ)、中国(パー)全てに勝てる。
だが、さすがにアメリカ(爆弾)には勝てないので負ける。
ダイヤモンドは一度、小枝を出して爆弾とあいこ(同盟)に持ち込まないと場に出せない。
なお、爆弾を出した側には、ダイヤモンドを出す権利は与えられない。

 これで、ちょっとはやりがいのある、新たな面白いじゃんけんができあがったね。
さあ君も、学校のお友達と特定アジアじゃんけん(略称・特アじゃんけん)をやって、
楽しみながら日本とアメリカ、特定アジアの関係性を学習しよう!

 特アじゃんけん、流行るといいね♪


トラックバックURL:
http://blog.ore-sama.jp/sina_chon/20120505235923/trackback/


 

この記事へのコメント

RSS

    こんにちはです。

    久しぶりに爆笑させていただきました。
    さすがに、笑いくるってまわりのものを壊さないように気を付けました(苦笑)。

    題を拝見しただけで、お、じゃんけんのネタ、コメントしようと思ってたら…

    こちらの予想をはるかに上回る記事で、さすがです。

    せっかくですので、日本国内版・3(国人)年B(U~以下略)組じゃんけんなんかも開発されたらよろしいかと。

    やくも少年 2012年05月12日 14:29

     

    こんにちは。
    ここ一年ぐらいで一番面白く感じた記事でした。

    どうやったらこういう上手い記事が書けるのかなぁ・・・

    Mr.名無し 2012年05月17日 15:19

     

    やくも少年さんへ:
     やくも少年さん、おはようございます。

     ありがとうざいます!
    やくも少年さんに褒められると、嬉しいですね。
    お家の物は、壊さないようにお願いします。

     三国人じゃんけんや、部ら・・・じゃんけんは、
    ぜひ、やくも少年さんにお任せしたいと思います。(笑)

    Mr.名無しさんへ:
     Mr.名無しさん、こんばんは。

     ありがとうございます!
    ここまで好評だとは、思いませんでした。

     思いついたことを書く、誰かを気にしたり批判を恐れないで書く、
    これだけ意識するだけでも、誰かの心に響く(良くも悪くも)記事が書けるような気がします。

    俺 2012年06月09日 08:43

     


 

コメントを書く