北朝鮮ミサイル撃墜の為、自衛隊を沖縄に配備

 北朝鮮のミサイル撃墜の任務の為、自衛隊が配備されたどっかの島で、
どっかの左翼団体が、相変わらずのバカの一つ覚えでデモをやっていた。
まあこの左翼団体の動員は、大半は島の外から来たプロ市民であることは間違いない。

 迷彩服を着た軍隊が生活圏にいるのはストレスだとか、不快だとか、
散々眠たい事をほざいていたが、どんだけ平和ボケしているんだと言いたい。
韓国で実際に島が砲撃されたのも記憶に新しいのに、
まだそんな平和ボケを発言できるところが、裏に意図がある左翼団体らしいといえばらしい。

 そして、一部の左翼コメンテーターも、テレビで、
金も労力もかけて、打ち落とせるかどうかも分からないミサイルを、
打ち落とそうとしているのは無意味だとか、得意顔で語っていたが、
成果でしか物事を判断できないスポンジ脳が、偉そうにさえずるなと言いたい。

 今回は訓練の意味合いもあるし、有事の際に練習もなしでうまく対応できるわけがない。
それと、実際にミサイル迎撃に失敗したとしても、
そこから得られる教訓やデータ、実際に作戦を展開させた経験値は計り知れない。
こういうことの積み重ねで、いざ本番の際に、しっかりと成果を挙げられるのだ。

 実際にミサイルが飛んでくる確率が1%以下であっても、
その『想定外』に対応できるかが国の仕事であり、お前らみたいなお気楽な思考で、
実際に朝鮮や中国が攻めてくるわけがない、という楽観主義では、国は成り立たない。

 そのクセ左翼は1%どころか、限りなく可能性が0に近い原発問題に関して、
躍起になって反応しているが、こいつ等の主張はいつも矛盾しているし一貫性がない。
国や政府の『想定外』には過敏で、自分達の自己矛盾『想定外』には鈍くて救いようがない。

 今日の世界平和が、各国の憲法や法律、外交、人間の英知、倫理観で、
保たれていると思ったら大間違いで、お前ら平和主義者が大嫌いな
軍隊、核、兵器によって均衡が保たれているのが現実であり、それさえも分からないらしい。

 無抵抗で安全が保たれると本気で思っているなら、
お前の部屋の鍵を全て取っ払って開放し、セキュリティゼロの状態にしてみ?
3日と経たず泥棒や強盗に襲われ、大切なものを根こそぎ持っていかれるから。

 まして日本は、世界の山賊である朝鮮や中国に周りを囲まれているわけだしな。

 それにしてもマスコミの報道は、これら左翼団体を『市民団体』と称して報道し、
逆にフジテレビデモしたような団体を、わざわざ『右翼団体』と言い換えて報道していたが、
何を基準に判断しているのかが不明で、全く報道に平等性と客観性がない。
右翼かどうかは視聴者が決める事で、自称でない限り安易に右翼とか言うべきじゃない。

 本当、日本は周りをゴミ国家に囲まれて、不幸な状態になったものだ。
大日本帝国が東アジアを制圧したままであれば、今頃、この地域は平和だったのにな。

 日本はミサイル防衛とか、防御能力に特化した軍需産業を発展させ、
これらの輸出も解禁させれば、日本の構造不況も雇用の問題も解決するのにな。
矛である武器はアメリカに任せ、盾の開発は日本のお家芸にすれば、
今ある日本の、全ての問題が解決するような気がする。

 ガタガタ言う左翼は、強制的に本国である特定アジアに強制帰還させればよい。
橋下さんでも石原さんでもいいが、この案を真剣に検討してもらいたいものだね。


トラックバックURL:
http://blog.ore-sama.jp/sina_chon/20120411235931/trackback/


 

コメントを書く