邪な国が主催する、世界陸上・韓国テグ大会や中国・女子サッカー予選

 始まる前は、世界陸上をバリバリ見る予定だったが、
いざ始まると、今年は例年になく興味が湧かないんだよな。
織田裕二も頑張っているし、何故かな?と思ったが、開催国が腐っているからに他ならない。

 案の定、韓国のどっかのバカが、自費(100万近く)で用意した、
『独島は韓国のものです』とか書かれた、ビラなり何なりを配る計画があったようだ。

 実際に実行されたかどうかは知らないが、主張も根拠のない馬鹿げたもので、
スポーツの場に関係のない邪な考えを持ち込み、国際的に友好を深める場を、
自分達の低レベルな主張をするために利用するなと言いたい。

 こういうアホが主催するスポーツ大会は、過去何度かあったが、
似たような事を何度も繰り返してきたから、選手には悪いが、
開催地が支那や朝鮮だと、全く見る気が起こらないわけだ。

 どうせ君が代とか流れているときも、ブーイングの嵐だったりするんだろ?

 民度が低いのは今に始まった事じゃないが、
相手国の国旗や国家に敬意を払い、尊重するのは、
民族や文化の違いがあっても、どこの国でも共通認識であり、
それを守らないのは、特定アジアの支那や北・南朝鮮以外には存在しない。

 なでしこのアジア予選も始まったが、これも、あんまり見る気が起こらないだよな。
残念な事に、これも中国で予選が行われているが、
中国の場合は、君が代にブーイングを浴びせる以外にも、様々な嫌がらせを起こす。

 タイ戦をチラと見たが、タイが攻めるときだけ、妙に盛り上がるんだよな。
タイから集団で応援に来ているわけでもないだろうし、
日本の応援団よりも数が多いわけないと思うのだが、真相は明らかで、
わざわざ中国人が金を払って観戦し、縁もゆかりもないタイを応援しているわけだ。

 これは中国共産党主導で動因をかけ、中国人に、
日本の対戦国を応援するように仕向けている可能性が大いにある。
実際、いつぞやの男子大会の時も、女子の比じゃないくらい相手チームを応援していた。

 こういう民度の低い国には、国際的な大会を主催してほしくない。
主催国が、特定の国が明らかに不利になるような環境を作るべきじゃないし、
配慮が必要なのに、そういった努力の跡は一切なく、
まして政府が一極で情報を操作・隠蔽する体質の国では、
何でもできてしまうので、その筆頭国である中国が国際スポーツを主催するべきじゃない。

 せっかくの楽しいイベントが、こいつら反日国家のせいで台無しだ。

 ただ1つだけ良かった点があるとすれば、
支那や朝鮮で流れる君が代は、いつ聞いても胸が熱くなってくるな。

 当時の上海の租界に代表されるように、西欧列強が支配していた中国を、
アジア開放の為に奔走した旧日本軍の活躍。

 国際的にも認められた形で平和的に朝鮮を併合し、
原始時代の文化水準に等しかった朝鮮のインフラを整備し、
巨額の投資をして近代国家へと整備した、先人達のその苦労と熱意。

 これらを思うと、支那や朝鮮に君が代や日の丸が掲げられるのは、万感の思いだ。
感謝される事はあっても、こいつらに噛みつかれるいわれは一切ないな。


トラックバックURL:
http://blog.ore-sama.jp/sina_chon/20110901235930/trackback/


 

コメントを書く