尖閣諸島、中国漁船衝突事件

 俺様はかねてより、民主党政権を左寄りの左翼政権と揶揄していたが、
尖閣諸島での中国漁船衝突事件による、民主党政権の対応を見れば、
いかに中国に気を使いまくり、国益を度外視し、
日本国民(一部の左翼を除く)の総意を無視した左翼政権であることは明らかだろう。

 民主党政権の国益を無視した、ビデオ非公開という対応により、
一人の責任感のある真面目な海上保安官を罪人にしてしまい、心に傷を負わせてしまった。
国(民主党政権)が罪人を生み出してしまった最悪のパターン。

 民主党政権は必死になって犯人探しに躍起になっていたし、流出者を批判していた。
一方、中国と中国漁船船長にはありえないくらい甘い対応をし、国際社会の笑い者となった。
日本や日本国民よりも、中国の顔色を伺うほうが遥かに大事だというのが、よく分かった。

 横浜でのAPECも、別に来なくてもいい胡錦濤を呼ぶのに必死になり、
来ても主催国である日本に対して不遜な態度を取られ、菅も終始へりくだり、
胡錦濤の前でメモを読みながら、ヘコヘコしていた姿が忘れられない。

 そのくせ、北東アジアにとって絶対に必要な沖縄での米軍基地に対して、
アメリカには失礼な態度を取り、余計な喧嘩を売り、同盟国に不信感を抱かせてしまった。
正しいほうに喧嘩を売り、覇権主義のヤクザ国家に媚びる結果になってしまった。

 さすが左翼政権。

 さっさとビデオを公開してれば、保安官に責任を押し付ける結果にならなかったのだが、
みなさんもご存知の通り、中国漁船があからさまにぶつけに来ている映像の他にも、
もっとエグイ映像が存在しているという噂もある。

 中国漁船の船長が、海に落ちた海上保安庁の保安官を銛で突くシーンや、
落ちた保安官を船でひき殺そうとするシーンもあるという話だが、
真偽は定かではないが、初めから全て公開していれば、こんな噂も起こらなかったはずだ。

 いつだか北朝鮮の工作船を迎撃した時、自民党政権はしっかり国民にビデオ公開したが、
政権が違うと、こうも国防の意識が違ってくるものなのかと改めて感じた。

 景気だ役人が何だというけど、国が滅んでしまっては元も子もないからね。
子供手当てや高校無償化のバラマキで、騙されて喜んでいる国民もいるだろうけど、
一方で国を切り売りされ、自分の子供が成人する頃には中国の属国になっていたら、
何の意味もないし、今より住み難い国になっていることは明らかだ。

 保安官がビデオを流出させたのを犯罪だと断罪する人間もいるが、
だったら国を憂いた革命も犯罪なのか?明治維新も犯罪なのかという話になる。
坂本龍馬も国家転覆を図った犯罪者ということになるな。

 明治維新があって、今の日本の平和が成り立っているわけだが、
真に国を憂い、自分は犯罪者となっても国民が望むことをあえて行った保安官に対して、
『犯罪者』なんて断罪することは、俺にはできない。

 『犯罪者』というなら、中国漁船の船長は当たり前だが、
それを煽動した中国政府、そして日本を売ろうとしている菅や仙谷のような売国者の方が、
遥かにふさわしいだろう。


トラックバックURL:
http://blog.ore-sama.jp/sina_chon/20101116235944/trackback/


 

コメントを書く