第04回・京都府への俺様の偏見

 4回目にして大都市、京都府をターゲット。
そこのお前、大都市はネタもあるだろうし後回しするだろうと考えていたかもしれないが、
つくづくお前の頭はガムシロップ並に甘くてゆるゆるだな。

 人の嫌がる事と、予想外の行動が大好きな俺様の、今回のターゲットは京都府。

 企画の趣旨は、下記リンクを参照。
  ・序章・47都道府県への俺様の偏見

 前回の企画。
  ・第03回・長崎県への俺様の偏見

 京都といえば、日本国民は下手をすると首都・東京よりも、
『行ったことがある率』が高い地域だと思うが、お前らも1度は行ったことあるんじゃない?
観光は勿論、小・中・高の修学旅行で、いずれかで行ったことがある人は多いんじゃない?

 俺も修学旅行で初めて京都に侵入したが、ぶっちゃけ、あんまり覚えてねぇ。(笑)
勿論、金閣寺とか清水寺とか、メジャーな寺には行ったのだが、
細かいところも覚えてないし、どんな感想を持ったかも微塵も記憶にない。

 それよりも、修学旅行の班分けが最悪で、
俺の学校は、まず男子と女子でグループを作り、そこから交渉をして、
男女混合のグループになるのだが、間違いなく、
学年トップ5に入る奴らで徒党を組んだ、ブサイク組と一緒になっちまった。(笑)

 俺たち男子グループの班長がしょぼくて、ろくに女に話しかけられないような奴で、
結局、余り物しか引っ張ってこれなかったのには泣けたね。

 ああいうのって、必ず、イケメングループは、美女グループとくっ付くよな。
まあブサイクには、ブサイクがくっ付くという事で、
人の事ばかり言うけど、俺たちも似たようなものだったのかもしれない・・・。

 ・・・というわけで、京都には苦い記憶しか残ってない。
仕事で関西方面には行くけど、ほとんど大阪で、京都は通り過ぎるだけだな。
どうも京都って観光地のイメージで、仕事や居住には向いてないような気がする。

 あそこに住んでいる人、いるんだよな・・・。
俺なんて人間嫌いだから、1年中外部からザコどもがわんさか湧いてくる地域に住むなんて、
とてもじゃないけど我慢できないな。
射殺してもいいってんなら、喜んで居住するけど。(笑)

 得意の戦国時代ネタとしては、あの頃の京都は基本、争いが絶えず、荒れ果てていた。
今の雅なイメージとは程遠く、農民は飢饉や疫病で死にまくっていた。
そんな荒れた京都に秩序を取り入れたのが、他ならぬ、織田信長である。

 歴史の授業でも習ったと思うが、当時は無能な足利という将軍が収めており、
度々、家臣や周辺の大名にそそのかされて、殺されたり追放されたりしていた。
そこに信長の軍が押し寄せ、ならず者どもを粛清し、秩序ある状態を保ったわけだ。

 そんな信長も、恩知らずな明智光秀に本能寺で討たれ、(死体は見つかっていない)
その後の秀吉の弔い合戦も、同じ京都(山城)で行われている。
幕末の鳥羽・伏見の戦いも、この地だし、
京都は何かと争いが絶えず、歴史的な戦いの舞台となっていたりする。

 昔の京都は、地理的にも政治的にも、重要な拠点であったわけだな。
幕末まで朝廷(天皇・貴族)がいたのも、京都だし。
まあ、今の京都は・・・、ぶっちゃけ、なくても皆、生きていけるんじゃない?(笑)

 観光なんて所詮、娯楽だし、ないならないで、他のところに行くだけだしな。
でもまあ、なくなる前に、1度は京都を1週間くらいかけて、ゆっくり観光したいものだな。
修学旅行やツアーだと慌しくて、見たいところをじっくり見る余裕もない。

 京都に行きたくなるのは、おっさん・おばさん化してきた証拠なんて、よく言われるが、
修学旅行のトラウマを払拭する意味でも、京都で過去を清算してきたいところだね。
そうすれば、新たな一歩を踏み出せる気も、しなくもなくもなくなくなくもなかったりしなくない。


トラックバックURL:
http://blog.ore-sama.jp/prefecture/20111027235941/trackback/


 

この記事へのコメント

RSS

    俺様さんも覚えてなかったんですね(笑)
    京都は古風なイメージがありますね。
    何か出身地が京都だとその人がおしゃれに感じる気がします。

    みや 2011年10月29日 20:51

     

     みやさん、おはようございます。

     肝心な事は忘れてしまい、しょうもないことだけ覚えています。(笑)

     京都だけは、他の関西の地域と比較しても、特別な感じがしますね。
    言葉遣いも関西弁ですが、どことなく上品な感じがします。
    まあ、実状は人によりけりだとは思うのですが・・・。

    俺 2011年11月05日 05:46

     


 

コメントを書く