裏山の散策・ゲーム『俺様の庭』

 遂に俺様の庭で、裏山が解禁されました!
それと同時に、新システムも導入されました。

 このページの下部の枠に、何らかのお花が咲いていたり果物が実っていると思いますが、
こちらは1日に1回、何らかのお花や果物が必ず1個以上出現します。
せっせと毎日チェックしに来れば、かなりのお花や果物をゲットできてます。
運よく複数出現した場合は、1個だけじゃなく、全てゲットできます。

 勿論、お花や果物ではない様々なレアな何かも、ごく小確率で出現します。

 こちらの裏山では、新アイテムの『果物』が頻繁に実りますが、
『果物』はお店に売ってもそれほど価値はありませんし、レアな品物でもありません。
ですが、この『果物』を使って、スーパーレアな『スイーツ』を調理できます。

 ただし、闇雲に『果物』を集めても、新たな『スイーツ』は調理できません。
現実世界でも同じですが、『スイーツ』の『レシピ』がなければ、どうにもなりません。

 『スイーツ』の『レシピ』は、同じく裏山でごく低確率で出現する、
ラッキーアイテムを集めた時に、レシピ獲得のチャンスが訪れます。
そのラッキーアイテムとは、『松・竹・梅』です。

 『松・竹・梅』を、それぞれ10個集めて変換させると、良い事が起こるチャンスです。
梅は、ごく低確率で、依頼でしか手に入らないお花をゲットできたり、貢献度がアップします。
竹は、中確率で依頼でしか手に入らないお花か貢献度、低確率でレシピゲットできます。
松は、依頼でしか手に入らないお花かレシピが、どちらか必ずゲットできます。

 例によってお庭に対象の物を移動させ、『変換』ボタンを押すと確認のメッセージが出ます。

 レシピをゲットすると、アルバムの5ページ目に、個数0でスイーツが登録されます。
そのスイーツにマウスカーソルを合わせると、調理するための材料が表示されます。
材料名の横の数字は、調理すために必要な、その『果物』の個数です。
以降は、材料を集めて庭に移動させ、『変換』ボタンを押せば、スイーツ作りができます。

 なお、スイーツ作りは非常に繊細な作業なので、失敗する場合があります。
失敗した場合は、まためげずに、材料集めから始めてください。
一度手に入れたレシピは消えないので、何度でもスイーツ作りができます。

 ちなみに、レシピを手に入れてない状態で、
必要な材料が揃っていたとしても、該当のスイーツを作成する事はできません。
誰かから聞いたり、感でレシピ通りに材料を揃えたとしても、調理(変換)はできません。

 松・竹からレシピをゲットする以外にも、レシピを手に入れる方法はあります。
それは、誰かがお店に売却したスイーツを購入した場合に、
一緒にお店の人からレシピももらえるので、以降は自由にそのスイーツを作成できます。

 正直、松・竹からレシピをゲットできるのは、ものすごい低確率なので、
誰かが売却したスイーツを、お店で購入する事も考慮しないと、
とてもじゃないですが、全スイーツをコンプリートすることはできません。

 おそらく、1人でコツコツ、松・竹のみからレシピゲットでコンプリートを狙うとなると、
運がよくて10年くらいはかかると思います。(笑)
従って、自分以外の多くのユーザーが、お店にスイーツを売却して、
お互いが協力しながら、スイーツコンプリートを狙うのが賢い遊び方です。

 ちなみにスイーツは、お店に売却すると、貢献度1000がゲットできます。
非常においしいですし、持っていても、他に変換したり、
使い道があるわけでもないので、積極的に売却する事をお勧めします。

 そうすれば、溜まった貢献度で、新たなお花を購入できますし、
自分しか持っていないスイーツを売却すれば、他のユーザーが喜ぶでしょう。
『ケーキといえば私』みたいに、ケーキ屋気取りで、お店に卸す楽しみ方もできます。

 なお、裏山機能実装に伴い、フラワーポイントのお花出現率を若干修正しています。
基本的に妖精さんは、裏山にしか出現しなくなりました。
また、一部のフラワーポイントに出張していた珍生物も、裏山に引き揚げました。
更に裏山では、これまで発見されなかった珍生物も、時々顔を出します。

 裏山で新たな花集めに興じるも良し。
お花そっちのけで、スイーツマスターを狙うも良し。
他のユーザーの為に、せっせとお菓子屋気取りで、スイーツをお店に売却するも良し。

 様々な楽しみ方が『俺様の庭』ではできますので、
まだゲームで遊んだ事がない方も、気軽に遊んでみてください。
 
 

         
         
         
         
         


トラックバックURL:
http://blog.ore-sama.jp/ore_niwa/20111106235914/trackback/


 

コメントを書く