大飯原発の活断層調査

 最近よく、大飯原発の下にある断層が、活断層かどうかの調査が注目されているが、
専門家を入れて厳正中立に調査できているか、甚だ疑問である。

 その中に混じる一部の専門家が、左翼なのかどうか知らないが、
何が何でも原発を止めたいらしいけど、調査に私情や思想を反映させないでほしい。
専門家はあくまで、純粋に『活断層かどうか』について調査・議論するべきであり、
その断層の上にある建物を意識したり、それが原発かどうかは除外して判断するべき。

 その結果に対して、最終判断するのは専門家の仕事ではなく、政治家の仕事だ。
お前等はあくまで、『調査結果』を提出するだけでよい。
選挙で信任もされていない奴らが、勝手な私情で判断するな。

 具体的に説明すると、活断層の調査団の中に混じる、ひげがうっとうしい。
ひげは『活断層である事を否定できないのだから、原発を動かすべきでない』という、
原発にまで踏み込んだ発言をカメラの前でしているが、
何度も書くが判断するのはお前ではないし、国民もお前には託していない。

 そういう判断がしたければ、総理大臣にでもなってからやってくれ。

 お前が発言していい範囲は、『活断層である事を否定できない』までで、
その調査結果に対して、原発を停止させるかどうかの判断は政治家の仕事だ。
ひげは、いきがってしゃしゃり出て、調査団の和を明らかに乱しているからうっとうしい。

 そもそも、『活断層である事を否定できない』っていうのも、当たり前の話だよな。
地中にもぐって判断できるわけでも、何百年と調査しているわけでもないし、
100%で判断できるわけもない状態で、『活断層ではありません』なんて断言できるわけない。

 断言できないのであれが停止するべき、とか、左翼が息巻いているが、
この世に100%安全、事象を決定付ける事ができる状況は存在せず、
100%じゃないと何やってもダメというのであれば、あらゆる経済・文化的活動はできない。

 それこそ、原始時代に戻って、洞穴で火でもたいて肉でも焼いてろという次元の話だ。

 脱原発を誰も反対してないし、しっかりとした工程の元、代替エネルギーが用意できれば、
準備できた時点で卒業する事に多くの人が賛成しているのだが、
一部の左翼の後先考えない行動、止めてから後のことを考えればいい、みたいな、
見切り発車的発想の奴が多くて、多くの人間がうんざりしているだけの話なんだよな。

 それと、原発を止める事による、日本国の明らかな国力低下を目論んだ反乱分子が、
何よりも優先して、脱原発、脱原発と叫ぶから、脱原発の印象を非常に悪くしている。
他ならぬお前ら自身が、脱原発への道筋を歪めている事に、いい加減気づけ。

2012年10月06日 23:59

コメントなし | 時事



トラックバックURL:
http://blog.ore-sama.jp/news/20121006235925/trackback/


 

コメントを書く