2012・週刊少年ジャンプNo.25

 P430に、新登場『少年ジャンプDVD』なるものの宣伝が掲載されている。
新しい試みかと思いきや何てことはない、ドラゴンボールや北斗の拳等の、
昔のジャンプ関連アニメの第1話を寄せ集めてまとめただけの、何を今更の企画商品だ。

 初回の一話だけってのもしょぼいし、寄せ集めが6作品だけってのもけち臭いな。
まあ昔と違って今は放送したアニメがDVDやブルーレイになって買える時代になり、
これを見て興味を持った人が、本製品を購入してくれることを期待しての試みだろうけど、
お試し版みたいな意味合いがあるのであれば、この企画も理解できない事もない。

 アメリカのドラマ、24とかも一話無料をあちこちで配布していたりしたからな。
でも、24は無料だったから、試しに見てやろうと思う人も多かったとは思うのだが、
こっちの『少年ジャンプDVD』なるものは、驚く事に価格が1200円もする。

 誰が買うんだよ、こんなもん。(笑)

 昔ファンだったようなコア層は、既にDVDなんてとっくの昔に全話揃えているだろうし、
これらの作品を知らない世代に向けての露出を狙っているなら、
誰がこんな古臭いアニメの一話限定の寄せ集めDVDに、1200円も払うんだという話だ。

 今の時代なら、いくらでも地上波やBSで無料の萌えアニメが視聴できるのにな。
こんなもんが売れると考えて企画した、集英社の担当者のバカさ加減に呆れる。
何だ、何かの罰ゲームか?

 お試しみたいな物なんだから、ガキでも買える2、3百円で販売するか、
いっその事、ジャンプの付録として無料で配るとか、思い切った事しろっての。

 それにしても、アニメのDVD化も最近では、全然珍しい事ではなくなったが、
俺もドラゴンボールのDVDは買おうかなと思った時期もあったが、価格を見ると、
3、4話しか入っていないのに5000円とか、あり得ない価格設定なんだよな。

 一話千円くらいの単価だが、誰が20分ちょっとで終わるようなアニメに千円も払うんだよ。
アニメDVDに5000円も払うなら、まだDSのゲーム買って100時間くらい遊んだほうが、
コストパフォーマンスがいいし、暇つぶしとして非常に有意義だ。

 まあ、それと比べれば、6作品1話入って1200円は安いのかもしれないが、
こんなもんに惜しげもなく金をかけられるのは、アニメのマニアか信者だけで、
一般人とは程遠い世界の娯楽作品であることは間違いないな。

 価格を安くして、万人向けに広く浅くで商売するより、マニアをターゲットに、
高い価格設定で商売していたほうが、この業界は儲かると把握しての価格設定。

 ま、およそ子供向けとは思えないビジネスモデルに成り下がっているのが、
今の漫画、ゲーム、アニメ業界であることは、間違いないな。
少子化でガキも少なくなってくるから、その方針は正しいのかもしれないが・・・。

 
今週のピックアップ

戦星のバルジ
 逢魔ヶ刻動物園の作者による、ファンタジー系バトル漫画。
ようやくまともな新連載が始まった感じがするが、あまりに編集部の対応が遅い。
こういった系列の漫画を育てていかないと、ジャンプはその内、萌え漫画で埋め尽くされる。

 異星人に侵食されつつある星が舞台の、外見が瓜二つの王子と貧乏人(主役)が、
入れ替わって、本物の王子の代わりに星を救う物語。
ストーリーや設定はありきたりだが、変に凝ったり奇をてらうよりかは潔い。

 初回は意外性もなく、可もなく不可もなくの安定した滑り出しが印象的。
まあ、初回がめちゃくちゃ面白くて、『これはアニメ化する』と俺様が評価した漫画も、
軒並み打ち切りにあっているから、初回はほどほどなのがいいのかもしれない。

 ワンピースもナルトも、連載前の読切からそうだったが、
たいして面白くないなと思って読んでいた漫画も、すっかり看板漫画になっているから、
バトル漫画は特に、長く続けるために息切れしない展開に注力した方がうまくいくのだろう。

 舞台設定は、完全に銀魂だよな。
主人公たちがいる土地に、異星人達が侵食してきてピンチになっている設定だが、
様々な異形の異星人や文化とかを描き分けながら、バトルをどう盛り上げるかがポイントだ。

 逢魔ヶ刻動物園の時からそうだったが、動物を擬人化させたキャラたちでバトルさせ、
バトルの描写はそこそこ好評だったはずだから、作者も力を発揮しやすいだろう。
この作者は、こちらのファンタジーバトル漫画が合っていると思うよ。

 まあただ、ジャンプはファンタジー漫画は受け入れられない傾向が強い。
ほぼ打ち切りが確定しているマジコも同じファンタジーで、1年もったのは意外だったが、
あれはエロ要素と、主人公とヒロインのちゅっちゅいちゃいちゃ、しょうもない家族ごっこが、
女ミーハー読者に好評だったという、ファンタジーと関係ない要素で支持されていた。

 こっちは王道バトル路線ということで、最近のミーハー読者ども相手では、
なお分が悪い環境ではあると思うが、安易なエロやミーハー路線に迎合することなく、
正々堂々と、『漫画』で勝負してほしいものだ。

 俺は応援しているぞ。
これが打ち切りになって、その他のエロ漫画が残るようでは、ジャンプは本当に終わりだ。

 
めだかボックス
 アニメ放送もとっくに始まっているが、一向に掲載順位が上向きになる気配もない。
相変わらず中間よりも下位をさまよっているわけだが、深夜アニメ化するような漫画は、
この順位が定位置で、信者だけが盛り上がり金を落とす構造に収まりつつある。

 編集部も小金狙いに味を占め、同じく信者数が多いぬらりひょんなんかは、
最下位をさまよいつつも打ち切りになる事もなく、センターカラーというドーピングで、
度々延命が図られ、信者がいなくても大きな可能性のある、
後発の新連載が、これらの代わりに打ち切られていく始末。

 この構造が、健全な漫画の競争・発展に貢献するとはとても思えないがな。

 中身のない選挙戦で人気が急下降し、これではまずいと、
唐突に新章突入してバトル展開にシフトしてきたが、それでも上昇の気配はない。
以前より明らかに、パンチラ・お色気を意識した描写を増やしてきてはいるが、
本職のエロ漫画が、他に3つも4つも掲載されているから、オマケ程度では誰も支持しない。

 しょうもない漫画が、しょうもないエロ要素で、切磋琢磨している始末。
高尚な漫画表現や、奇抜な描写や演出とか、高い次元で勝負してほしいものなのだが・・・。

 まあそれでもバトルに関しても、ぬらりひょんやべるぜバブ等の、
サクふわバトル漫画よりかは、はるかに見ごたえもあるし、差別化も図られているから、
相対評価としては、ジャンプの中ではかなりまともな部類の漫画であることは間違いない。

 低次元な争いではあるんだけどね。

 ネタ切れ感と閉塞感、昔の展開と比べてインパクトも薄くなっているのは事実だから、
どうにかテコ入れして、少しでもマシな方向で漫画が進んでくれる事を期待したい。

 
黒子のバスケ
 これもめだかボックス同様、4月からアニメ化したわけだが、一向に順位は上昇しない。
所詮は信者支持の漫画で、深夜にアニメ化する程度では本誌の人気に影響は及ぼさない。
でも信者が金を落とすから打ち切りにはならないし、センターカラーも度々ゴリ押しで貰える。

 美形キャラに適当に超人バスケやらしておけば、細かいところを気にしない信者が、
どのキャラがどうとか、このキャラとキャラをくっ付けてとか、キャラ目線の話しかしないから、
肝心のストーリーや構成なんて、作者も力を入れていないのかもしれないが、
まともな読者も読んでいるんだから、信者狙いだとしても手を抜くなと言いたい。

 ここにきて、まさかの氷室がへタレキャラ化して、お涙頂戴展開は評価できないな。
散々ここまで、キセキの世代並にすげぇ的な描写で、氷室をプッシュしてきたのに、
紫原のやる気を出させるための生贄として、氷室をヘタレ化させてきた。

 今まで、そんな伏線も描写もしてこなかったじゃん。
間違いなくキセキの世代並の天才、パーフェクト超人として描写してきたのに、
唐突に、コイツはあくまで常人の域を出ない、せいぜい秀才止まりとかいわれても、
非常に違和感があるし、作者都合でコロコロ設定を変えるなと言いたい。

 紫原のやる気を出させるために、どうイベントを発生させるか気になってはいたんだよな。
ベタに同じキセキの世代同士、黒子に触発されてバスケの楽しさに目覚める・・・、
とかにするんだと思っていたが、まさかの氷室ヘタレ化でくるとは思わなかった。

 その紫原も最初だけで、肝心のクライマックスでは全然ボスっぽくない。
完全に火神のゾーン(笑)に食われて影が薄くなり、単なるやられキャラになっている。
キセキの世代で一番描写が雑だし、イマイチ凄さも伝わってこない。
勢いは最初だけだな。

 所詮は、信者人気の薄いキャラという事で、作者も雑に扱っているのだろう。
試合の最中に、安易に黄瀬とか出しちゃったもんだから、信者人気No.1のキャラを見て、
信者が『さっさと黄瀬を出せ』とか騒ぎ、作者も早く、この試合を始末したかったのだろう。

 一番の被害者は、まともに漫画を読んでいる、まともな読者達。

 火神のゾーン(笑)で、途端に試合がシラけ、肝心の主人公・黒子も影が薄い。
いくら黒子のスキルが、影の薄い事だといっても、これは笑えない。
安易にキャラをスーパーサイヤ人化させると、途端に周りとのバランスが失われ、
漫画の展開自体が大味になってしまう典型的な例で、試合が見事に壊れている。

 信者の興味は既に、次に対戦するであろう、黒子・火神vs黄瀬に移っている。
大ボスである赤司も、単なる中二全開キャラだし、しょうもないキャラが多すぎるな。
所詮は信者だけで盛あがっているだけの、薄っぺらいキャラ漫画だということか・・・。

2012年06月17日 23:59

コメントなし | 週刊少年ジャンプ



トラックバックURL:
http://blog.ore-sama.jp/jump/20120617235910/trackback/


 

コメントを書く