Amazonで本を買う利点は、ほぼない

 大勢の人は今も昔も、本は本屋で買うのが基本だろう。

 ちょっとパソコンに詳しい奴や、パソコン上級者(自称)を名乗る奴は、
ECサイトであるAmazonを利用し、わざわざ本屋まで足を運ばずに本を購入しているだろう。
Amazonはどんな本でも送料無料だから、手間を考えればAmazonを利用しない手はない。

 自称パソコン上級者が、ブヒブヒ言いながら『Amazon最高!』とかブヒりながら、
Amazonを利用している光景をよく目撃するが、実はAmazonの有用性はそれほどでもなく、
今となっては、Amazonを選ぶ理由や優位性はほぼなくなっている。

 この事実に気づかず、未だに何の疑いもなくAmazonを利用している自称上級者は、
ただ玄人っぽいという理由だけで、ブラウザをFirefoxやChromeを利用しているだけの、
ミーハー、玄人気取りの類と大差ない。

 Webで本を買える本屋さんは、今となってはAmazonに限らず、
Yahoo!や楽天のショッピングサイトでも購入できるわけだが、Amazonを意識してか、
送料無料キャンペーンや、二千円以上購入すれば送料無料とかしているので、
この点の競合に競争を意識させたという意味では、Amazonは大いに貢献したことになる。

 確かにAmazonは品揃えが豊富だし、マニアックな商品を扱っている場合もあるが、
そんなものは必要としない人の方が大半だし、漫画本やゲーム攻略本、
有名雑誌や流行の書籍等はどこのWeb本屋にもあるので、品揃えに大差ない。
これも、Amazonを選ぶ理由がない内の1つ。

 そして肝心の価格も、本は値引きし販売してはいけないという業界の取り決めがあるのか、
オンライン、オフラインに限らず、どこの本屋でも価格は一緒なので比較の対象にならない。
横並びということは、Amazonでなくてもよいのだ。

 で、これが最大のAmazonでなくてよい理由というか、Amazonでは損をする理由なのだが、
Amazonは基本、本を買ってもポイントがつかない。
これは明らかに、Yahoo!や楽天の本屋と違う最大の比較項目。

 Yahoo!も楽天も、100円購入するごとに1ポイントが付与される。
1ポイントは1円で、以降の買物で利用できるし、購入した店舗でなくても、
Yahoo!はYahoo!、楽天は楽天のモール内であれば、ほとんどのお店で利用できる。

 本では何故か、まともにポイントを付与しないAmazonからすれば非常に致命的。

 仮に漫画のコミックスであれば、大体400百円くらいなので、4ポイントが付与される。
4ポイントは4円の価値で、そのくらいたいした事ないと思うかもしれないが、
Yahoo!も楽天も不定期で、ポイントアップキャンペーンをやっているので、
そのサービスを利用したときに購入したものであれば、話は大きく違ってくる。

 店によって違うが、最大でポイントアップが15倍~20倍くらいになるタイミングもあるので、
仮にその際に400円購入すれば、4×15で60ポイント付与となる。
60円相当がポイントバックされるのは非常に大きく、『Amazon最高!』とかほざく、
自称上級者のブタどもでも、この差の大きさと重要性はさすがに認識できるだろう。

 どこの店でも扱っているようなメジャーな書籍であれば、Amazonで買う利点はないのだ。

 ただ、Amazonでしか置いていないマニアックなものだったり、
ポイントアップなんか待ってられない、すぐに欲しいとか、
書籍以外の商品でAmazonが一番安く買えるという事であれば、その限りではない。

 でも、書籍以外の商品でAmazonが一番安く買える・・・、というのもカラクリがあり、
Yahoo!や楽天のポイントアップキャンペーン時に、そっちで購入すれば、
ポイント付与を含めれば結果的にYahoo!や楽天の方がお得に購入できることになるのだが、
その事実に気づかず、ブヒブヒとAmazonを利用するブタ上級者どもは非常に哀れだ。

 まあポイント管理ができない、必要なものを常日頃からピックアップしておき、
いざポイントアップ時にまとめて購入する・・・という自己管理ができないブヒブタであれば、
素直に単純に、いつまでもAmazonを利用していればよい。

 Amazonで商品購入しても、Amazonは日本で法的に支店を置いて商売していないので、
法人税も日本には払っておらず、いくら利用しても日本に金は落ちてこないのだが、
日本に金を落とす事も、立派な東日本大震災における復興の役割もあるので、
Amazonを利用する特別な理由がなければ、なるべく日本の法人を利用するべきだ。

 上で説明した理由からしても、Amazonを利用する価値なんてほとんどないわけだしな。
配達の日時指定さえできないし、サイトもページも非常に見難い構成だ。
(しかも配達業者も、佐川とか日本郵便限定だし)

 それでもブタどもは懲りずに、これからも上級者ぶってAmazonを利用し続けるのだろうな。

2012年04月22日 23:59

コメントなし | IT



トラックバックURL:
http://blog.ore-sama.jp/it/20120422235923/trackback/


 

コメントを書く