ピンポイント天気の精度の低さが、あまりに異常

 Webサービスの各天気情報には、ピンポイント天気という予報があったりする。
言葉通り、都道府県・地域単位ではなく、市区町村単位で予報を出すサービスだが、
これが想像以上に当たらない&いい加減な天気予報だったりするからタチが悪い。

 俺はYahoo!のピンポイント天気をよく利用しているが、面白いくらい当たらない。
まあ、Yahoo!も自分達で予報をしているわけではなく、日本気象協会というところから、
情報を買って掲載しているだけだと思うが、当たらないなら載せない方がいい。

 まあ、天気予報なんて当たらないのが当たり前で、
俺みたいに予報にクレームをつけている奴は、モンスター何ちゃらと思われそうだが、
『ピンポイント』なんて単語を付けてアピールしている時点で、
そこまでの技術が確立し、よっぽど当たるのかと思うのが普通じゃない?

 これまでのように、地域単位で予報を出し、その結果、当たらないのは許せるんだよ。

 例えば福井県だと、嶺北・嶺南地方とあり、それぞれで予報を出していると思うが、
一言で嶺北地方と言っても、かなり広いし、様々な市町村が存在するだろうから、
予報が外れても仕方ないと思えるし、晴れてる、晴れてない市町村があっても納得できる。

 え?福井県に嶺北・嶺南地方がある事を知らなかった?
そんな事も知らないの?そんな事を言っていたら、福井県の人に怒られるよ?
・・・やべぇ、俺様の偏見で披露するはずだった、数少ない福井県ネタを、
ここで使ってしまった・・・、まあ、いいか。

 話は戻すと、地域単位の予報は外れても許せる。
だけど、ピンポイントと銘打って、自信ありげに市区町村単位で予報を掲載しているからには、
それなりの根拠や自信があって掲載しているんだなと思うのが普通じゃない?

 特にYahoo!の天気情報なんて、一番目立つトップページに掲載されているし、
設定によって、誰でもトップページからピンポイント天気にアクセスできるのだから、
よっぽど自信がある&皆に使ってほしいのだなと考えるのが論理的だろう。

 ピンポイント天気は3時間ごとの予報を出しているが、
雨と予報されているのが降らなかったり、その逆なんてことは日常茶飯事だ。
で、このサービスのちゃっかりしているところは、
予報が外れると、過去の時間帯の予報をさりげなく修正し、
いかにも当たったテイストで、予報を実際の天気に上書きするところが小賢しい。

 予想気温とかもアホみたいにはずれ、酷い時だと5度くらいずれることがある。
予想気温も同じく、後になってから、実際の温度に上書きされているからタチが悪い。

 後から事情を知らない人が見ると、『Yahoo!すげぇ、予報当たってたじゃん』ってなる。
実際は、驚くほど当たらないのにな。(笑)

 例えば、めちゃくちゃ雨が降っている状態で、『3時間後も雨です(ドヤ顔)』とか、
予報されても、少しもありがたくなくて、肝心なのは、
アホみたいに晴れているのに、『3時間後は雨です』というような予報が、
非常にありがたいし、『ピンポイント天気』というサービス名には、そういう期待を抱いてしまう。

 俺が言いたいのは、天気予報の難しさは分かっているから、
そういったゲリラ豪雨的なものも、ピンポイントで当てろと言っているのではなく、
精度が伴わなくて、外れる事の方が多いのであれば、始めから、
ピンポイント天気なんていうサービスは提供するなといいたいのだ。

 余計な情報を民衆に与え、いたずらに混乱をきたすのは賢い統制ではない。
情報を与え、それをどう活用するかは個々の問題だ、とするのは正論ではなく、
実際に、その天気情報で、台風やゲリラ豪雨で死傷者も左右される時代なのだから、
『どう活用するかは個々の問題です』と考えるのは、あまりに無責任だろう。

 精度が伴わないなら、以前のように地域単位までの予報で十分だ。
で、あれば、多くの人は、『外れて当然』という考え方だから、
あくまで参考程度に、常に天気の移り変わりを気にしながら行動できる。
こちらの方が自然だろう。

 『ピンポイント天気』という、実際は根拠のない曖昧な情報と、
ネット、Webというインフラが非常に悪い意味で相性がよく、
携帯等の普及もあり、瞬く間に広がったサービスだと思うが、従来と同様に、
使う側にも相当な慎重さが要求されるという事はよく分かった。

 『天気予報』というと、国家資格である天気予報士が、
ある程度の根拠のある元で、厳重な精査を受けた予報が、
掲載されるものと信じて疑ってこなかったが、これにWebという要素が加わると、
途端に信頼に足るものじゃなくなってしまうのが、Webの怖いところだな。

 やはり天気予報はテレビが一番で、予報士の顔が見えるところで、
しっかりとした説明を聞いて、地域単位の情報を参考にするのが一番だな。
テレビではそもそも、『ピンポイント天気』なんてアホみたいなサービスは提供していない。

 特にこの時期は天候も不安定で、台風のシーズンであり、
死傷者も出るくらい勢力の強いものも上陸するが、
『予報外れちゃいました、てへっ♪』で済まない場合が多いし、
『ネットの情報だから仕方ないよね』では、命がいくつあっても足りないから、
少しでも精度の高い情報を求める努力は非常に重要だろう。

 本当に、何が『ピンポイント』天気だよ。
当たらないのであれば、仮に1平方メートル単位で予報を出されても、何もありがたくない。

2011年09月24日 23:59

1コメント | IT



トラックバックURL:
http://blog.ore-sama.jp/it/20110924235930/trackback/


 

この記事へのコメント

RSS

    > ピンポイントと銘打って、自信ありげに市区町村単位で予報を掲載しているからには、それなりの根拠や自信があって掲載しているんだなと思うのが普通じゃない?
    > 予報が外れると、過去の時間帯の予報をさりげなく修正し、いかにも当たったテイストで、予報を実際の天気に上書きするところが小賢しい。

    そのとおり!! 全くその通り。
    「郵便番号検索」でその郵便番号の範囲の地点の予報が出せるからには、まったく正反対の天気は報道しないでほしいし、後からちゃっかり修正するのも止めてほしい。

    とおりすがり 2019年05月31日 21:07

     


 

コメントを書く