客、自らが調理するファミレス

 昨今のファミレスの料理は、調理師免許を持ったコックが奥で調理しているのではなく、
ほぼできあがった冷凍食品を、バイトどもがマニュアル通り煮たり焼いたり最終調整して、
さも本格料理チックに提供するのが定番となっているが、高校生のバイト程度でも、
できる調理なんだから、客自らが調理したって別に差し支えないと思うんだよな。

 外食産業で最も頭の痛い支出は、人件費であることは周知の事実だが、
人件費を削減する事により、今よりも格段に安く料理を提供できるようになるから、
『自分で作れ』的なレストランがあっても、このご時勢、結構需要があるような気がする。

 マニュアル見て作れば、ファミレス程度の料理なんて、誰でも作れてしまうわけだから。

 店には、5ブースくらいのキッチンブースを設けておき、
客が好きな料理キットを冷蔵庫から持ち出し、マニュアルを見て調理する。
出来上がったものを席に戻って食べ、皿も片付けて帰る。

 このビジネスモデルであれば、ファミレスで900円位するハンバーグ定食も、
半分以下の400円くらいで食べられるようになると思う。
そのくらい、外食産業では人件費がべらぼうにかかっている。

 そりゃそうだよな、時給800円で計算しても、
ファミレスには常時、バイトが10人近くいるとしても、毎日とんでもない支出だ。
常に客がいる状態ならまだしも、混むのは食事時しか期待できないわけだし。

 挙句、誰にでもできるような仕事しかできないバイトごときが、最近では偉そうに、
最低賃金が云々とか、時給千円よこせとか、鼻息荒く色気づく始末。
経営側からすれば、物言う株主以上に、物言うバイト風情が最も致命的なリスクだ。

 こんな奴らに余計な頭を使うなら、いっそのこと、こいつ等を思い切って削減し、
バイトごときでも作れるんだから、安くなるのでお客さん自らで作ってください、
的なレストランにした方が、流行るような気がする。
少なくても俺は、そんなレストランがあったら利用したいと思うけどね。

 家族で出かけて、お母さん自らが調理した方が、ぜったいに美味しく作れるって。
家族4人でファミレスに出かけると、5千円近くかかると思うけど、
このシステムのレストランであれば、半額の2千円程度で収めることができる。

 家計に優しいね。

 フライパンとか皿も、洗っていたら人件費がかかるから、すべて使い捨て。
フライパイの表面に特殊なコーティングをして、それをはがして捨てることができればいい。
環境への影響なんて関係ない、全て使い捨てで済ませろ。

 いらん人間を使うことが、最も環境にとって深刻なダメージだ。
人件費削減して、その浮いた金の1割でも環境保護団体に寄付した方がよっぽどいい。
最低賃金云々で、使えないモブどもに時給千円も払うより遥かにすばらしい。

 ファミレスで作る事になるなら、家で作ったほうが早いじゃんとか思うかもしれないが、
ファミレスの料理の味って、なかなか侮れなくて、家で再現しようと思っても、
俺みたいな料理素人には到底無理なんだよな。

 であれば、ファミレスに調理ブース、食材と料理キット、マニュアルを用意しておいて、
その通りに作れば、おいしいファミレス料理ができますよって触れ込みであれば、
1人暮らしの俺は喜んで利用するし、ちょっとした煮る焼く程度の工程なら苦にもならない。
気の済むまで、好きなだけ食べられるのも嬉しいね。

 一杯食べ過ぎて、結局千円近くかかっていたら、意味ないんだけどね。
まあそれはそれで、美味しいものを思う存分食べられたってことで、納得できるだろう。

2012年06月22日 23:59

コメントなし | アイデア



トラックバックURL:
http://blog.ore-sama.jp/idea/20120622235932/trackback/


 

コメントを書く