想像してみてください・3回目

 俺がお前らに嫌がらせ企画、3回目。

 外は風が強くて大気が不安定・・・。

 しかし不思議と貴方は落ち着いており、居間でゆるりと茶を飲んでいた。
だって家の中だから風がいくら強かろうと安心だし、
昨年の大型台風の時だって、この家はビクともしなかった。

 こういう時に慌てるのは愚の骨頂。
アホみたいにテレビやラジオの情報に釘付けになり、冷静さを失うよりも、
逆に情報をシャットダウンして、落ち着いてお茶でも飲んで心を落ち着かせる方が賢明だ。

 ・・・とか何とか、余裕ぶっこいて茶をしばいている内に、
太い木が家の中にドーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーン!!!

 情報をシャットダウンしていたから分からなかったようだが、竜巻が発生していたのだ。

 レスキュー隊が駆けつけると、そこには、居間で茶を飲んでいる胴体が、
ソレが起こる前と同じ姿で鎮座していたが、見事に首から上は、
家に飛び込んできた木に持って行かれて、行方不明となっていた。

 首から吹き出ている血はある意味芸術で、隊員は目を奪われ暫く動くことができなかった。

 
 竜巻が起これば、太い木や鉄骨なんかが飛ぶ事も決して珍しくなく、
これらが住宅に飛び込めば余裕で貫通するわけで、人間の胴体なんて余裕で吹っ飛ぶ。
上で書いた事は決して絵空事ではなく、余裕で起こりえる現実である。

 これでお前らもこれからのシーズン、どこにいてもビクビクしながら暮らす事になるね。(笑)

2012年05月01日 23:59

コメントなし | 嫌がらせ



トラックバックURL:
http://blog.ore-sama.jp/harassment/20120501235937/trackback/


 

コメントを書く