白線の内側?外側?

 駅でよく聞くアナウンスのフレーズで、一瞬、聞いても何も違和感はないのに、
よくよく考えてみると、それ間違っているだろ?っていうアナウンス。

 『危険ですので、白線の外側におさがりください。』

 白線の外側にさがったばばあどもが、次々に電車に接触して死んでいったら楽しいね♪

 っていうか、冷静に考えると、白線の内側とか外側って、何を基準に考えればいいんだ?
電車基準で考えれば、白線の内側って線路寄りの方を指すと思うのだが、
普段電車に乗り慣れている人ほど、この感覚が強いし、ふと考えて混乱してしまう時がある。

 いや・・・実際に白線の外側にさがって、電車に接触しそうになる事はないのだが、
ふと静かな場所で改めて考えると、あれ?どっちがどっちだっけと考えてしまうことがある。
なんか、こういう錯覚って、確か正式な名称があったと思ったが・・・。

 『白線の内側』ではなく、『ホームの内側におさがりください』の方が分かり易いよな。
あれ?でも最近では、『ホームの内側』でアナウンスしていたっけか?
やべ、何が何だか分からなくなってきた。

 どうせなら、『ホームの中心でアホみたいに固まってろ、ザコどもが!』とかで、
アナウンスしてくれたほうが印象に残るし、変な錯覚にも陥らないし、
このくらいはっきりアナウンスしてくれた方が、逆に親切なような気がしてきた。

 何が親切で、何が親切でないのかも分からなくなってきた・・・。
相当、疲れているな。
これはきっと、例年になく必死にオリンピック放送を見ている影響に違いない。

 寝不足で日中、眠いと、どうでもいいことばかり考えてしまい、頭が混乱しがちになる。
よいこのみんなは、夏休みだからといって、あまり夜更かしばかりしてないで、
早く寝て、オリンピックの結果は朝のニュースでチェックするんだぞ!

2012年08月04日 23:59

コメントなし | 自由



トラックバックURL:
http://blog.ore-sama.jp/freedom/20120804235956/trackback/


 

コメントを書く