『仕事が趣味』は素敵なこと、それだけで勝ち組

 何かしょっぱい奴が、『仕事が趣味』という言葉に違和感を感じる、
他に趣味がない奴が職場に多くて人間的につまんない奴が多い、とか、
不平不満を垂れている奴のブログだか何だかの記事を見かけたが、
おそらく、職場で煙たがられている、嫌悪されている側なのは99%コイツの方だろう。

 ほとんどの人間が、人生の大半を職場で仕事をすることに費やされるのだから、
仕事を趣味にして、仕事を生きがいにしている人間は、それだけで人生が豊かだし、
時間を有意義に利用している勝ち組だということに気づかないとは、かわいそうな人間だ。

 そもそも、他人の趣味や生き方と比較する必要もないのだが、僻みなんだろうな。

 サービス残業なんて1分でもしない、職場の人間関係なんて必要ない、
まして、会社に忠誠を誓うなんてもっての他、みたいな職場で浮いた奴が、
その他の『仕事が趣味』の人たちの、生き生きとした姿を見て僻んでいるだけの話。

 誰もお前の趣味や生き方は否定しないから、
黙って会社の隅っこで黙々と定時まで仕事していなさい。(笑)
会社で誰にも相手にしてもらえないからって、他人の趣味を否定したって何も解決しないよ。

 仕事以外に趣味がないから、その人が魅力的じゃないという結論も短絡的だよな。
相手よりも、自分自身に大きな問題があるのではという可能性は考えないらしい。
コミュニケーションに問題がある場合、原因の半分以上は自分自身にある場合が多い。

 会社で仕事ができない無能力者に限って、仕事以外の趣味やら特技を持ち出し、
仕事以外の土俵で、勝手に同僚と比較・勝負しようとするから、性根が腐っている。
そもそも、最初から誰もお前を相手にしていないのだから、遊ぶなら1人で遊んでなさい。

 俺も典型的な『仕事が趣味』の人間だが、俺は魅力のない人間だろうか?
それはないな、このブログでも多くの人が、毎日アクセスして読んでいるわけだが、
俺様が魅力のない人間であれば、だれもこんなブログに寄り付かないだろう。
まあ、ブログでのキャラと、現実でのキャラは違うから、単純に比較はできないが・・・。

 でも、ブログを8年以上続けているわけだから、ブログが趣味とも言えなくはないな。
ブログの記事を書くために、政治、IT、スポーツ、漫画、ゲーム、創作等、
あらゆるジャンルに精通し、独自の見解を書いているわけだから、
それらが趣味であるとも公言できるし、趣味は『表現すること』と言っても差し支えないだろう。

 まあ、『仕事が趣味』の人でも、他に趣味がある人だっているだろうし、
自分では趣味と思っていなくても、他の人から見れば立派な『趣味』として、
確立できるほどの造詣が備わっている場合もあるわけで、一概に否定するべきではない。

 結論、会社で他の奴らは無趣味で人間的魅力がない、自分は趣味が豊富で、
他の奴らより優れている、何て考えている奴は、総じてゴミ。
お前は嫌々仕事しながら、定時に帰ることばかりを考えて黙って仕事をしていればいい。

 俺は声を大にして『仕事が趣味』と宣言し、これからも豊かで潤いある人生を送るつもりだ。
このように、他人に誇れる趣味のある人は、その趣味が何であろうと勝ち組なんだと思うよ。

2012年06月25日 23:59

1コメント | ビジネス



トラックバックURL:
http://blog.ore-sama.jp/business/20120625235945/trackback/


 

この記事へのコメント

RSS

    こういうことを言ってる奴って、仕事以外の話しでも自分の趣味の話しでしか盛り上がれず、興味がないと露骨に無関心な態度を取ったりしてまともにコミュニケーションが取れないっていうイメージがあります。

    仕事と自分の趣味以外はよくわからないから何も言わないだけで、『自分の趣味が最高』と言いたいだけな気がするんですよね。

    いわゆるヲタクが典型的だと思うのですが、どうでしょう?

    源三郎 2012年07月02日 18:42

     


 

コメントを書く