明らかなるデブへの対応

 他人から見れば明らかにデブなんだけど、本人は決して認めることはなく、
『決して痩せているわけではないし、標準の中でも太い部類に入ると思うが、
でも決してデブじゃないし、程よい肉付き加減である。』
とか、頑なに自分をデブだと認めない奴の対応が非常にめんどくさいし、うっとうしい。

 こういう、しょうもないプライドにこだわる奴は、30代後半から40代の野郎に多い。
丁度、腹が出てきて、生物としてみっともない姿になってくる年代だよな。
素直に自分はデブだと認めればいいのに、頑なに拒むからこっちもとっつき難い。

 酒の席とかで、ダイエットとか、健康とかの話題になったときに、
『~さんも、運動した方がいいですよ』的な話をふると、
『それは暗に、俺がデブだといいたいのか?』とか、食ってかかって来る奴がうっとうしい。

 自分は標準より少し太めなだけだとか、頑なに否定するのだが、
普通の人から見れば、それは明らかに『デブ』であり、
小太りだろうと力士だろうと、等しく同じ『デブ』であることは、揺るぎない事実。

 こういう奴と話していても、いちいち気を使わなくてはならないから、非常に疲れる。
『デブ』とか『太っている』というキーワードがタブーだし、ダイエットとか健康の話もできない。
素直に自分をデブだと認め、『俺、太っているから運動しなくちゃな』とか、
ぶっちゃけてくれた方が話しやすいし、こちらとしても対応し易い。

 プライドだけ高いデブって、相手してやっているこっちは罰ゲーム以外、何物でもない。
こういうブタに対しては屠殺対象として、ケンシロウがハートを倒したときみたいに、
連続の蹴りで腹の肉を掻き分けてから経絡秘孔を突いて、内部破壊していいことにしようぜ。

 素直なデブは、芸人みたいに愛嬌あっていいし、こっちとしても親しみ易くてよい。
くだらんプライドで、周りに気を使わせるようなブタは、家畜ほどの存在価値もない。

2012年10月07日 23:59

6コメント | 俺様のため息



トラックバックURL:
http://blog.ore-sama.jp/breath/20121007235958/trackback/


 

この記事へのコメント

RSS

    20代前半より酒太りの始まった私の場合・・・・・

    「ちょっとごめんよ、デブなんで通りにくいんだ」
    ということもあれば、
    「いやわし、やせとるんで大丈夫、通れるで」
    ということもありで・・・・・

    教えている中学生や高校生あたりには、デブ扱い(というほどでもないと思うが)というわけです~165センチの身長で体重71キロほど。以前は76キロほどあったんですわ)されてるってことで、特に後者の方を言うと、思いっきり笑われます。

    で、酒太り防止には、酒を控えるより、食べる量や内容を考えたほうがいいと思うようになった最近では、食べる量が幾分減り、酒を飲む量はそれなりに維持もしくは微増(だと思う)となっております。

    やくも少年 2012年12月14日 12:10

     

    そういや、どっかのアニオタブログで
    身長176で98キロだけど健康状態は極めて良好とか書いてる人いましたが
    レスラーみたいな体系じゃなくて、リアルハートなんでしょうねぇ
    周囲にも気を使ってほしいものです・・・

    グレム 2012年12月16日 07:53

     

    冨樫か!

    ジャンプ評価ファン 2013年01月07日 22:58

     

    怒りたい気持ちは分かるが、ホルモンの病気や遺伝的腎疾患などで太る輩もいるから、思いを公言する事だけは気を付けような

      2013年03月13日 12:39

     

    デブは甘え

    大森南朋 2013年06月10日 16:35

     

    でぶは、お前さんに調子を合わせるのがめんどくさいだろうね。

    むひょひょ 2014年05月06日 17:19

     


 

コメントを書く