1日で3回も、ぶつかった or ぶつかりそうになった

 信号のない交差点で横断歩道を歩いていたら、横から来た車にぶつけられそうになった。
横断歩道の手前にある停止線でしっかり止まる車って、ほとんどないよな。
左右が見えないから横断歩道を越えて停止し、通行の妨げになる車が多くて非常に邪魔。

 車運転する奴らって、『退くのは歩行者側』みたいなアホな考え方の奴が多いよな。
民度が低すぎるが、こっちは交通ルールを守っているが、ひけるものならひいてみろ?
人生が破綻するのはお前で、こっちはゴミ(お前)の人生を壊すのだけが生きがいだ。

 その後、信号待ちしていたら、俺様の前で信号待ちしていたサラリーマンのおっさんが、
後ろを確認する事もなく、何を思ったのか急に後ずさりしてきて、俺様の足を踏みやがった。
このバカが、お前の後ろで信号待ちしている人の存在がいる事も想定できないのか?
(人のいない閑散とした場所でもないし、おっさんと俺様の距離は1メートルくらい開けていた)

 バカばっかりだとイライラしながら家の前まで行くと、
急に横のマンションから出てきたガキの肘がぶつかってきたので、
「ってぇな、殺すぞ!」
って、怒鳴ってやった。

 子供がかわいそうなんて微塵も思わないし、最近のガキは誰にも怒られず、
調子に乗っているから、このくらい恫喝してやったほうが、そいつの今後の為だ。
多少の怖い思いをして、これからは道路に飛び出す際は、しっかり周りを確認するだろう。
優しく『ボク、いけないよ』とか諭しても、バカなガキは何も学習しない。

 1日(しかも短時間)で、3度もぶつかった or ぶつかりそうになった経験をしたが、
それだけ現代はバカで溢れているし、周囲に気を使える人間も減ってきているのだろう。
こういう奴らの為にも、多少、被害に遭った側に痛い思いをさせられた方が身のためだろう。

 こういうバカに遭遇したら、問答無用で全力の張り手を食らわせていいことにしようぜ。
パーンと音も爽快だし、被害に遭った側の気分もいくらか改善するだろう。
これが許されるなら、毎日張り手の特訓するし、握力強化の鍛錬を怠らないのにな。

2012年08月20日 23:59

1コメント | 俺様のため息



トラックバックURL:
http://blog.ore-sama.jp/breath/20120820235959/trackback/


 

この記事へのコメント

RSS

    同感‼

    同じような経験があるからよくわかる(^^)

    サトサト 2013年01月04日 13:42

     


 

コメントを書く